【D】ザ・ワールド・イズ・マイン【新井英樹 / 全14巻完結】




なんか薬物中毒っぽい青年が主人公なのかな。
彼とおどおどした爆弾作る青年のコンビが、何してんだろ。
とりあえず警察を殺しまくって立て篭もって殺して逃げて殺して。

一方青森やら北海道で巨大生物が出現。
8メートルサイズなヒグマらしい。
逃亡したお二人はヒグマ?に遭遇して戦って何がなんだか。

よくわかんないけど主人公は教祖様っぽい感じになってた。
ヒグマは巨大化始めて原爆でも吹き飛ばせないサイズになった。
水爆5発ぶち込んだらよくわかんないけど成長止まって死んだぽい。

その後、唐突に核ミサイルが世界中に発射されて終了です。
ちょっと私には理解の及ばぬ難しい話でした。