【B】幻影博覧会【冬目景 / 全04巻完結】




大正時代的な舞台で探偵やってる青年、そして彼の元で働く少女。
彼女はなんか身元がよくわからん感じ。
そんで予知的なことを言ったりなんだりする子。

なんかまぁ序盤は事件とか解決したりなんだりする話です。
なのだが間違って4巻を最初に読んでしまった私。
何も問題なくそのままお話を読み進めてしまえました。

おかでげちょっと損した気分。
後半知らずに前半読んでたらどんなだったのだろう。