【A】ib -インスタントバレット-【赤坂アカ / 全05巻完結】

社会不適合者な高校二年生男子。
彼に友達はなく、目に見えるレベルの妄想の女の子が二人居ます。
今日はクリスマス、外に出たら彼を除いたクラスメイトは集まって遊んでました。

げんなりしつつ歩いてると、街のクリスマスツリーに変なモノが。
なんか黒い悪魔的な何かでどこかに飛び去って行きました。
そこで出会った女の子。

どうやら彼女も妄想が目に見えるヤバい子らしい。
問題は二つ、まず彼女の妄想が自分にも見えること。
そして彼女の妄想が、世界を滅ぼす何か的な設定だということ。

みたいな感じで始まって、そーゆー人たちは世界に20人居るらしい。
彼らはインスタントバレット、って呼ばれるのだそうです。
あのですね、なんというか、お話を圧縮し過ぎだと思います。

おもしろかったです。でも率直な感想は、もったいない、でした。
5巻に収まりきる内容じゃないと思う。
もうちょっとじっくりめで書いて頂けたらよかったのに。