【B】あずみ+AZUMI【小山ゆう / 全48+18巻完結】




時代としては徳川家康が幕府開いた後くらい。
つまり関が原の戦いが終わった後で、大阪の陣のちょっと前辺りから開始。
新たな戦乱を防止するために集められ、育てられた子供たち。

その中の紅一点な主人公が、刺客となっていろんな人たち殺しまわる話。
戦闘能力は高いけど、いろいろと世間知らずな彼らが育ったり悩んだりなんだり。
主人公以外は基本的に「あいつら言っても聞かないから殺そう」って考えの人しか出てきません。

そんな感じの両陣営に使われる道具としてぶっ殺すのが主人公の立ち位置。
物語は好きですが、若干説教くさくて思想教育っぽい部分はあんまり好きじゃないです。

続きのAZUMIは続きじゃないけど続き。
同じような設定で、今度は幕末の時代で似たよーなことします。
こっちは何か物語もよくわかんなかった。最後は打ち切りなのかなこれ。

個人評価としては一部がB+で二部がC-って感じです。