【A】タビと道づれ【たなかのか / 全06巻完結】




学校サボって逆方向の電車に乗った女の子の話。
行き先は5年前に住んでいた街。
その街に住む大切な幼馴染に会う為に。

電車の中で変な車掌さんに出会い、着いたその街は同じ一日を繰り返してる。
街には歩いて大丈夫な道と、人が通るのを拒む路がある。
手に印がある人をセキモリと呼ぶ。セキモリは特定の路を通ることが出来る。

そんな感じの設定の、割といい感じな話。
ただなんつーか、ちょっと難しい。序盤飛ばし読みするとワケわからなくなる。
多分昔に微妙判定してスルーしてたっぽい。