【B】盾の勇者の成り上がり【オリジナルSS / 長編完結】

【題名】盾の勇者の成り上がり
【作者】アネコユサギ
【話数】972話完結
【評価】B
図書館で本を見つけました。
剣と槍と弓と盾の勇者が活躍するお話。
そしたら、その本の内容の世界に召喚されました。

召喚したのは王国の人で、世界を救って欲しいとのこと。
召喚されたのは高校生から大学生の男四人。
それぞれ平行世界な日本からの召喚です。

彼らは言います。これはゲームの世界だと。
みんなそれぞれゲームをやりこんでた模様。
主人公だけ内容がよくわかってなくてハブられます。

王国は言います。彼らを支援し、金を渡し、仲間を用意する、と。
でも盾の勇者だけこの世界をよくわかってないってことでハブられます。
いろいろ人間不信になった主人公は獣耳少女(幼女?)を奴隷購入。

戦わせて強くなって俺強しながら行商する話。
全体的に出てくる人間が性格悪いので、読んでて気分が悪くなる場面も多い。
お話的にはおもしろくて好き。ある意味王道系な異世界召喚もの。

大きな盛り上がりはあんまり無い。
いい意味で平坦な読み易さがずっと続く感じ。
鈍感ハーレム系だけど、主人公が女の子に全く興味無い珍しいパターン。

———-以下ネタバレ注意———-

130話くらいから領地経営開始。
現代知識系の内容ではないので素敵。
ちゃんとファンタジー世界な方向で地道にゆっくりやる感じ。

300話くらいでインフレ具合が天元突破。
ステータスとかレベルに関してはいろいろ破綻してきた気がする。
スキルがどうとか関係ない世界に突入。

物語のスケールは素敵に広がっていい感じなのに勿体無い。
無敵チート俺強物語の開始です。
374話神になって神を滅ぼして378話で一応完結になります。

番外編?の槍の勇者の物語が結構好き。
むしろこっちが本編な気がします。